オータアサミのシネマトペ!

ミニシアターの元劇場スタッフが発信する映画ブログ

【変態仮面】パロディとパクリ【映画】

《パクリとはなんぞや》

先日多摩美の卒業制作がいわさきちひろさんのパクリだとニュースになりました





私はデザインのことはよくわからないのですが、これってパロディじゃないんですかね???



「パクリだ」と指摘されるほどいわさきちひろさんの絵は有名で個性的、
美術を専攻している人間がわざわざタッチや構図まで自分のものだと主張するもんじゃないと思うんです。

アイドルに会いに行くオタクと判断されそうな場面を
いわさきさんのタッチを借りて視覚的にいわゆる"美しいもの"に変換したんじゃなかろうか。

ただ美術大学は一般的にオリジナルを求められる要素が強そうだし、卒業制作に持ってくるには批判されてもしょうがなかったのかも。
もしいわさきさんを意図して使用していたとしたら、私結構好きな作品だけどな。

こういう「あからさまに同じもの」なのにみんなが笑えるものもあります。
今回見たのはそんな作品。






変態仮面
■監督
福田雄一
■キャスト
鈴木亮平
清水富美加
片瀬那奈
ムロツヨシ
■日本公開
2013年
■製作国
日本
■上映時間
105分


《3行あらすじ》
図体はデカイが喧嘩は弱い主人公が
使用済みパンツを履くと覚醒!
学校を乗っ取ろうとするヤツに立ち向かう話


《のっけから立派なパロディ》
まずオープニングがスパイダーマン
立派なスパイダーマン
決めポーズも、高い建物で物想いにふけるシーンも、振り返るとやつがいる。

「この映画面白くするためにパロディしてますが、何か?」


この開き直りがきっと冒頭の大学生にも必要だったんだ。
美大じゃだめなのかしら。ナンセンスなのかしら。


《私マジョリティ》
テンポよく、軽快な下ネタと、アホみたいな必殺技で
普段の悩みがバカらしくなってくるわけですが、
色んな方のレビューにあるように鈴木亮平の肉体作り込みが




(アラサーですが言わせてもらいます。)






マジでヤバイ




《骨格は王道ヒーロー》
これもマスク同様予定調和がとっても楽しめる映画です。
ヒーロー誕生→活躍→危機→ハッピーエンド
安定ですね。グッドです。
分かってるから脇の部分までしっかり楽しめるというもんです。
ただヒーローものだからとお子さんと見るのはどうでしょうかね。
少年少女の大好きそうなワードが多いんで、後が大変そうですね。

と、思ったらPG12指定でした。
子どもは親と見る前提!!!!!フクザツ!!


《そんなことで、オータ的パロディとパクリの差》
開き直って作品が昇華してるのはパロディ
自分のものにしたいというやらしい心が人々に伝わるとパクリ

結局どれだけの人に受け入れられるってことなのかな。
そんなとこでどうでしょ。